子の養育費

婚姻費用とは、別居をしている場合、その家族に対して支払われるものを指します。つまり、社会的に暮らしていくために必要な生活費のことです。この婚姻費用は夫婦が収入に応じて分担するものですが、別居となった場合でも、法律的には夫婦であるため、収入が多いほうが収入の少ない方に対して、支払わなければならないのです。
この婚姻費用の中には、生活費の他に、養育費もあります。生活費としては支払われないこともあるのですが、養育費は必ず支払われることとなっています。夫婦関係が破綻して別居していたとしても、養育する義務はあるため、支払う必要があるのです。この養育費の請求は、子供自身が行うか、もしくは一緒に住んでいる親が相手側に対して行うものです。一般的に、妻の方が収入が少ないことが多いので、夫に請求されることが多いです。
但し、養育のための費用の支払いを拒否することは出来なくても、生活費の支払いは拒否することが出来る可能性もあるため、注意するようにしましょう。それは、別居にいたるまでの経緯によります。別居の理由が、生活費を請求する側にある場合は認められないことも多いのです。生活費と養育の費用は別のものだと考えるようにしましょう。
野菜と女性

Comments are closed.