婚姻関係の破綻の有責割合

婚姻関係が破綻したときには、有責割合に応じて慰謝料の支払い義務が発生します。たとえば、双方が浮気をしていたとしても、元々どちらかが浮気をした結果、夫婦関係が悪化して、もう一方が浮気をしたという場合には、先に浮気をしたほうの有責が大きいという判断になりますし、喧嘩の際に両方が暴力を振るったときには、力が圧倒的に勝る男性の方が有責の度合いが大きいといわれています。
これらの割合は、お互いに離婚を希望しているときには慰謝料をどうするかという話し合いのときに重要になってきますが、どちらか一方が分かれたくないと判断しているときなどは、離婚するかしないかという決着をつけるときにも重要なポイントになります。そもそも、有責配偶者は自分から離婚したいと言い出すことができませんので、双方に有責となる事由があれば、より割合の大きい側が振りになります。もちろん、別れたくないという主張も、有責割合が高い相手の主張は発言力が弱くなってしまうため、自分の希望通りの結果にならないことが多いです。一方的な有責ではない場合には、まず弁護士のところに相談に言って、どれくらいの割合になるか、訴訟ではどう戦えばよいのか話を聞いてみましょう。
ピーマン01

Comments are closed.