婚姻費用の分担義務はいつまでか

婚姻中は夫婦が協力して生活を支えていくこととなりますが、離婚を決意した場合、いつまで婚姻費用の分担義務があるのかは気になるところです。
この場合の婚姻にかかる費用というのは、衣食住、子供の養育費、医療費、交際費など様々な費用があり、夫婦が分担する義務があります。

夫婦生活が円満な場合は、こうした費用について、あまり話し合ったり、考えたりということはありませんが、夫婦仲が悪くなり、別居などとなると、どちらかが生活費を渡さないなどの問題が生じてくる場合もあります。

こうした費用の分担義務がいつまでかということとなりますが、たとえ離婚協議中や裁判中であっても、婚姻関係が続いている限りは生活費を分担していく義務が生じます。

それゆえに、例えば、別居中の夫が妻子に生活費を渡さないという場合であっても婚姻生活が続いている間はその費用を請求することができ、今までのように生活費を受け取ることができます。

分担額については夫婦の話し合いで決めることも多いですが、協議ではうまく話が進まないという場合は家庭裁判所に請求の申し立てを行うことができます。
そして調停で合意がされない場合は家庭裁判所の審判により分担額を決定することとなります。

料理05

Comments are closed.