別居の問題と婚姻費用の分担義務

日本では非常に離婚件数が増えています。昔ほど離婚をした人に対する周囲の目は厳しいものではなくなってきましたが、それでも当事者にとっては様々な面で精神的・身体的負担が大きいことは変わりありません。
離婚は、夫と妻が同時に思いつくものではないため、どちらかが「離婚をしたい」と思っても相手が納得してくれなければ成立しないものです。婚姻関係を続けることが苦痛であると思っている者が、生活を続けるのは精神的な苦痛を伴うものです。そのような時には「別居」という方法があります。別れて暮らすことでお互いの気持ちを確かめあうことや、自分自身の気持ちを再確認することが出来ます。それでも、結婚生活を続けられないようならば、調停離婚、あるいは裁判と言う方法も仕方ないかも知れません。
ただし、どちらか片方が離れて暮らす時間を持ちたいと思っても、金銭的な問題でそれが出来ないことがあります。例え専業主婦の方が、自宅を離れてアパートを借りようと思ってもお金の問題で諦めてしまうかも知れません。ですが、そのような時には、婚姻費用の分担義務が夫側に発生することを覚えておいてください。別れて暮らしても、あくまでも婚姻関係が続いている間の生活費は、夫側が婚姻費用として工面する義務があります。
野菜03

Comments are closed.