婚姻費用分担義務

結婚をしている場合、夫婦はお互いとその子供を養っていく必要があります。その費用のことを、婚姻費用と呼びます。この婚姻費用は、夫婦それぞれの収入に応じて分担することになっています。婚姻費用分担義務というものがあるのです。社会的に暮らしていくために必要になってくる生活費、子供の養育費などが、これに該当します。
別居をしている時にまで、相手の生活費を支払わなければならないのかと、思ってしまうかもしれませんが、法律的に夫婦関係である以上、分担して支払う義務があるのです。一般的には、夫より妻の方が収入が少ないことが多いので、夫側が妻に払うことが多いです。
しかし、この婚姻費用分担の義務が認められない時もあります。それは、婚姻費用を請求する側に問題があったために、婚姻関係が破綻したり、別居にいたったりした場合です。浮気をしていたり、暴力が行われていたり、ギャンブルであったり、さまざまな理由があります。そのため、自分が原因となり別居となった場合は、婚姻費用は請求できない可能性がありますので、注意するようにしましょう。但し、子供の養育費はまったく別です。どちらの親が連れて別居している場合でも、子供自身が親に請求することが出来ます。
スイーツ01